培養室


ILCの心臓部であるラボ(培養室)のご紹介

体外受精、卵子、精子、胚の凍結など高度生殖医療は全てここ培養室(ラボ)で行われております。

倒立顕微鏡


顕微授精(ICSI)専用の顕微鏡です。
微細な動きができる極細の針を装着しICSIを行います。
レーザー照射装置も搭載しているためAHA(assisted hatching=着床補助操作)も行うことが
可能です。

AHAとは
胚の周囲にある透明帯(卵の殻のようなもの)に穴を開けることで
胚を透明帯から脱出しやすくし、より着床時の状態に近づけようとする技術のことです。

IVF専用バイオクリーンベンチ


よりクリーンな環境で卵・胚の操作を行うためにクリーンベンチ内に顕微鏡を設置しています。
クリーンベンチ内では採卵の際の検卵、IVF、胚の凍結の融解などの操作を行っています。

エンブリオスコープ


胚を一定の方向で撮影するインキュベーター(温度を一定に保つ装置)で胚の観察の為に胚を外部に取り出すことなく観察することが可能です。
撮影した写真を遡って早期の前核の確認や胚の分割をより詳細に、
また動画として観察することが可能となりました。
また、培養環境の変化が最小のため、胚盤胞の到達率上昇が期待されます。

エアーシャワー


体に付着した埃などを除去し、培養室内を清潔に保ちます。

K-system


1人1部屋での胚の個別培養が可能で取り違えを防止し、乾燥状態で清潔な培養を行うことが出来ます。

移送用液体窒素ボトル


液体窒素中に凍結保存してある胚・卵子・精子の移動が日本国内ならば可能です。

非常電源装置


突然の停電によるインキュベーターの停止を防止し胚の劣化などのトラブルを防止します。

凍結胚、精子貯蔵タンク


タンク内には液体窒素入っており、凍結した胚・精子を大切に保管しています。

培養室のライト


細胞に毒性のあるUVをカットした蛍光灯を使用することで卵・胚へのダメージを軽減しています。

顕微鏡と遠心分離機


精子カウント用の顕微鏡と精子洗浄、濃縮に使用する遠心分離機です。