治療中のみなさまへ

治療中のみなさまへ

昨年暮れに端を発する新型コロナウイルス感染症が全世界的な問題となっています。我が国とて例外ではなく、みなさまも感染の予防に苦心されていることと思います。

生殖医療においては、日本生殖医学会(http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf)や日本産科婦人科学会(http://www.jsog.or.jp/news/pdf/kourousho_leaflet20200401.pdf)等よりさまざまな声明が出ており、今後の治療に悩まれているという声も多く聞かれています。

いまのところ、新型コロナウイルス感染症に効果が期待される薬剤は妊娠中に服用できないものが多く、したがって妊娠中に罹患してしまうと治療そのものが困難なだけでなく、その胎児への影響が未知であるだけに危惧されるところです。

不妊治療は、タイミング療法を中心とした「一般治療」、「人工授精」そして「体外受精」に大別されます。当院では原則として「できる限り自然に近い方法から治療を進めていく」こととしています。このうち「一般治療」および「人工授精」は治療を実施したのと同時に妊娠が成立する可能性があり、その場合、現在進行形のコロナウイルス感染のリスクと対峙することになります。しかし「体外受精」の場合は受精卵を凍結保存することができるため、体外受精においては採卵~受精卵の凍結を実施し、コロナウイルス感染の収束を待って安全な時期に胚移植を行って妊娠を成立させるという計画を立てることが可能になります。

どんな治療法においても「医療機関を受診する」ことには変わりなく、一定の感染リスクがあることは確かですが、上記のように、現時点において存在するリスクをある程度軽減しうる治療方法を考えることも肝要と考えています。それは「今この時期を過ぎたら不妊治療自体を諦めなくてはならなくなる可能性」のある方が確かにいらっしゃるということでもあるわけです。当院のある静岡県東部地域は、現在まで感染者数は首都圏などと比較して抑制的な状態で、一般的なウイルス感染予防策を十分にとれば通院・受診可能な状態であると考えています。

今後の治療について今一度ご夫婦でよく検討していただき、当院としてはできる限りみなさまの健康と安全に十分に配慮し、また専門的な視点を交えたうえ、最善の策を見出すことが出来るよう、できる限りのサポートをさせていただきます。最後になりましたが、みなさまの安全と健康を心よりお祈りしております。

 

院長 稲垣 誠