「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の変更について

9日、厚生労働省から発表がありました。

新型コロナウイルス感染防止の観点から一定期間治療を延期した場合、時限的に、年齢要件が緩和されます。

①対象者 治療期間初日の妻の年齢 「43歳未満」→ 「44歳未満」

②通算回数
初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が40歳未満:6回(40歳以上:通算3回)

初回助成時の治療期間初日の妻の年齢が41歳未満:6回

 

詳しくは厚生労働省HPへ
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10762.html