第5回 市民公開講座

第5回市民公開講座、夫婦で健康・妊活LIFE

ママ・パパになるために、
今から知って欲しいことを
お話しします。

いながきレディースクリニックでは不妊治療について詳しく知りたい方、不妊治療に悩まれている方に学んでいただけるよう、 定期的に市民公開講座として不妊治療に関連した著名な先生をお招きして特別講演を行って頂いております。 参加に規定はございません。 当クリニックの患者様以外でもどうぞお気軽にご参加ください。 公開講座後には、個別で相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

【開催情報】
  • 日時 / 9月30日(日) 13:00〜16:00(受付13:00〜)
  • 場所 / プラサ・ヴェルデ 401会議室(静岡県沼津市大手町1-1-4 ☎︎055-920-4100)
  • 定員 / 70名(事前申込制) *ご希望の方は個別に相談をお受けします。(予約制)
  • 費用 / 無料
  • 備考 / 会場にお飲み物を用意しております。既婚、未婚、男女問わずお気軽にご参加ください。
  • 共催 / NPO法人 Woman’s サポート 後援 / 沼津市、沼津市教育委員会、沼津医師会、静岡新聞社・静岡放送
【講師情報】
  • 田村 直顕 (Naoaki Tamura)医学博士
  • 卒業大学:国立大学法人 浜松医科大学医学部、浜松医科大学大学院
  • 所 属: 国立大学法人 浜松医科大学医学部 産婦人科学教室 講師
  • 保有資格:日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医、臨床研修指導医
  • 所属学会:日本産科婦人科学会・日本婦人科腫瘍学会・日本生殖医学会・日本周産期新生児医学会・日本胎盤学会・日本産科婦人科・新生児血液学会
  • 講師から:妊娠の可能性を高める生活について考え、改善していきましょう。

夫婦で参加する不妊治療

不妊というと女性に主な原因があると思われがちですが、男性にも原因がある場合が多いということがWHOから発表されていることをご存知でしょうか。

WHOによる不妊の調査結果

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症の原因の男女比によると、

41%が女性だけが原因
24%が男性だけが原因
24%が男女ともに原因
11%が不明

となっております。 男女ともに原因を含めると48%が男性に原因があるということになります。

第4回 市民公開講座の様子

前回の市民公開講座の様子

第4回は、東京HARTクリニック カウンセラー、日本生殖心理学会副理事長である平山史郎先生をお招きし、

「不妊と上手に付き合う方法」を演題にご講演頂きました。
男性と女性は気持ちに違いがある事
お互いに理解し合うことが大切な事
夫婦で向き合うのではなく、同じ方向を向いて目標を目指す事
人をねたんでしまうことに自己嫌悪せずにねたんでしまってもいい事
等々

途中、会場からはすすり泣く声も聞こえ、自分の気持ち、パートナーの気持ちに気づいた方も多かったと思います。 より良い医療の提供はもちろんの事 普段の生活の改善についてと、心のケアについて 当クリニックでは大切に考えております。 春の市民公開講座では、「心のケア」を主題に 秋の市民公開講座では、「生活の改善」を主題に 今後も皆様の為になるような市民公開講座を当クリニックでは続けていきたいと思っております。

参加者の声

40代男性

問題解決志向と人間関係維持志向の説明が非常に参考になりました。話の途中で先生が場を和ませながら進めてくれるの で、非常に心が休まり集中して最後まで聞くことができました。

30代男性

夫婦の距離感の話がとても心に残りました。一つの目標に向かって夫婦で向き合うこと、言葉の使い方や実戦で使える 話し方を教えてもらえたのでとても勉強になりました。 今日の講座での話し方や考えを実際に取り組んで生活していきたいです。

30代男性

お互いが丁寧に接することで歩み寄れるのではないかと思った。 男性はエビデンスを求め、女性は理解と同意をして欲しいということ。お互いに聞き上手になることが大切だと思う。

30代男性

口から出る言葉と心の中にある気持ちはイコールでないということがすごく印象的でした。 まさに今、私たち夫婦が直面している問題そのものを客観的に見聞きできた気がします。 恥ずかしいほど自然と涙がたくさん出てしまいました。貴重なお話をありがとうございました。

20代男性

お互いを思いやっていたり、正論を言っているにもかかわらず、喧嘩になってしまうメカニズム がわかり非常に勉強になり、明日から実践していきたいと思いました。 論理的な説明と言葉の裏に隠れている気持ちをわかりやすく教えていただいたおかげだと思います。 この講演会をもっと多くの方に聞いていただきたいと思いました。

30代女性

夫婦間のコミュニケーションに改善すべきことが多かった。不妊期間が長くなるほど辛いことが増えて自分に自信がない。 悲しむのも、妬むのも、いいんだなって少し楽になりました。ネットの知識で頭でっかちになりがちだけど冷静に・・ 思いやりを持てるようになりたいと思いました。

30代女性

男性と女性の考え方の違いについて普段気がつけない相手の気持ちを知ることができて とても貴重な時間となりました。 自分自身が女性でありながら夫に対してどうして欲しいかわからない時がありましたが、 今日のお話がヒントになった気がします。貴重なお話ありがとうございました。

お申し込みはこちら

氏名
ふりがな
Eメール
参加人数