当クリニックの使用する培養器について

培養器について

当クリニックでは、Embryo Scope (エンブリオスコープ)という培養器を使用しております

 

培養器とは

体外で受精させた卵子と精子を胚盤胞まで育てるのに使用する機械です。

 

培養器 Embryo Scope (エンブリオスコープ)とは

当クリニックで使用しているエンブリオスコープの特徴は

①胚の培養中に胚をインキュベーター外の環境に出す必要がありません。
②インキュベーター外の環境に暴露させないので、一定の培養環境で培養することができます。
この結果
・胚の観察時にダメージが無い。
・温度は、母体と同程度の37で保たれる。
・酸素5% 二酸化炭素5% 窒素90%を保つ。
以上の事から胚への環境変化のストレスを無くすことができるため、胚盤胞率の向上が期待できます。

③写真と動画で撮影しているため、時間をさかのぼり異常な分割や前核の形成を観察することが出来き、異常を発見できます

④個別培養のため胚の分割、胚盤胞への発生を個別に追跡することができます。

受精卵を外に出すこと無く培養することができるため、光、温度差、pHの変動によるストレスを受けることがありません。
よって、現在存在する培養器で最も優れていると考えられ、妊娠率の向上も期待されています。


当クリニックでは、2台導入し全ての患者様の卵をこのエンブリオスコープで培養しております。