いながきレディースクリニック ブログ
HOME >> ブログ
熱中症対策は万全に!

こんにちは、今週は看護師が担当いたします。

皆様、昨夜の台風5号の影響は大丈夫でしょうか。静岡県内でも避難指示がでた地域もあり、大変な思いをされている方もいらっしゃると思います。

台風一過で、あっという間に猛暑日が戻ってきました。気温・湿度ともに高い今の時期は、熱中症に注意が必要です。

人間の身体は体温が上がっても、平常時は汗や皮膚温度が上昇することで、体温が外へ逃げるようになっており、体温調節が自然に行われています。しかし、気温・湿度の上昇や激しい運動、体調不良などにより調節機能が崩れることで、身体にどんどん熱がたまり熱中症が引き起こされます。

熱中症はいつでもだれでも条件次第でかかる危険性がありますが、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。日本気象協会では、熱中症の予防・対策として

1.シーズンを通して暑さに負けない身体づくりを続けよう

のどがかわく前に、こまめに水分補給をしたり、毎日の食事を通して適度な塩分摂取する

通気性や吸水性のよい寝具を使用するなど「睡眠環境」を快適に保つ

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり「丈夫な体」をつくる

2.日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう

「気温と湿度」をいつも気にする

通気性のよい生地を選ぶなど衣服を工夫して暑さを調節する

冷却グッズを利用する

3.特に注が必要なシーンや場所で、暑さから身を守るアクションを

飲み物を持ち歩く

休憩をこまめにとる

を掲げています。私自身、寝苦しい夜が続き、寝不足を感じることも多いため、自分で出来る対策を始めてみようと思います。

これからさらに暑い日が続くと思いますので、皆様も熱中症対策を忘れずに、楽しい夏をお過ごしください。


リラックス

リラックス法をお持ちですか?

自分ではくつろいでいる。と思っていても

身体のどこかで緊張をしていて、真のリラックスが

できていないかもしれません

なんとなく疲れが取れない・・・

寝ているはずなのに・・・

何か不安なことがあったり、ストレスを感じたり・・・

そんなときはヨーガがお奨めです

ヨーガと言ってもポーズをするものでなく

ヨーガ療法です

ヨーガ行者たちの長寿や精神と肉体の強さに注目して

1920年代から伝統ヨーガを研究して現代人のストレスや疾患に対応できるように

エビデンスを積み重ねアレンジしたものです

身体を動かしたことのない方でも、ゆっくりと徐々に体をほぐして

呼吸と体からの反応を意識して『今ここ』を感じられるように

していくことです

これからヨーガ療法の事をお伝えしながら

生活習慣の改善や心が安定して生活の質が向上でる

健やかさを目指していきます。

これからもよろしくお願い致します

 


鳥取県米子市:「大風呂敷」

皆さんこんにちは。院長の稲垣です。

毎回スイーツの紹介をさせてもらっていますが、今回は先に別の話題を。

先日、休診日を挟んで7月19午後~21日に鳥取県米子市で開催された第35回日本受精着床学会・学術集会に参加してきました。前後の休診のため、通院、診療に関して皆様にご迷惑をおかけしましたことをまずお詫び申し上げます。この学会は日本の生殖医療領域では秋に開催される生殖医療学会と並んで全国の生殖医療者が集う大きな学会のため、私共にとって最新の知識や技術の習得の貴重な機会となっております。

今回の学会でも興味深い発表があり、中でも採卵数の少ない方に対する新しい排卵誘発法が紹介されたのは大変興味深かったですね。当院でも内容や効果を検証したうえで、安全性や有効性が確認出来次第、ご案内したいと考えております。

さて、今回ご紹介するスイーツはこの学会出席時にお土産で買った「大風呂敷」です。イメージはずばり「信玄餅」の鳥取バージョン。こちらは黒蜜ではなく鳥取名産の梨から作られた「なし蜜」がかかります。お餅の大きさは同じくらいで1パック3つ入りというのも同じですが、きな粉は少なめです。これらの特徴から想像できると思いますが、味は大変あっさりしていて甘さ控えめ、軽い食感です。これならダイエット中の方も大丈夫かも、ですね。

時間があったら今や鳥取の観光名所となった、スタバならぬ「すなば」珈琲に行きたかったのですが、学会会場の近くに店舗がなく、残念ながら訪問できませんでした。

 

 


暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。

35度を超える日がでてくるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

昼間に出かける際は熱中症にくれぐれもお気をつけください。

熱中症対策として水分補給が大切ですが、以前読んだ記事で驚くことがありましたので、今日はそのことを書いてみます。

清涼飲料水としていろいろな飲料が発売されていますが、みなさんはどのような種類の飲料を水分補給として選ばれていますか?

最近は、熱中症対策用の清涼飲料水が10種類近く発売されていたり、味のついている水として紹介されている物などの発売されています。

これらの飲料には意外に多くのお砂糖が含まれているそうです。

水分補給でもあるし、美味しいと思ってついつい1日に数本飲んでしまうこともありますが、糖分のことを考えると気をつけなければいけないなと感じました。

ただ、熱中症予防には水分補給はしっかり摂る必要があるため、飲料の種類を考えながら水分補給をしていくことが大切なのかなと感じました。


七夕の夜空から

こんにちは。今週はクラークが担当いたします。

雨が降っていた記憶がほとんどないまま、梅雨が明け、夏本番になるのではないかと思うような暑い日が続いています。

地域によっては、先日の台風の影響で大変なことになっている方も大勢いるようですが、皆様とご家族は大丈夫でしょうか。

 

先週の金曜日、7月7日は七夕でしたね。今年は珍しく雨が降らないどころか、雲が途切れた合間から少しだけ星を見つけることもできました。

私は先日の仕事終わりに友人と待ち合わせをして清水の七夕祭りへ行ってまいりました。

清水の七夕祭り特有かもしれませんが、キャラクター飾りが多く、七夕神社というものまで臨時に設けられていました。

もちろん屋台も出ていましたが、夏祭りとの違いを見つけるのも面白かったです。

 

短冊に願い事を書いている人も見かけましたが、七夕は本来、芸事や書道が上達することを願うらしいです。七夕の語源や意味は国や地域、時代や読む本によって考え方やとらえ方が異なりますが、現在のように様々な願い事をする風習が広がったのは近代になってからと言われています。

七夕伝説、こと座のベガ(おりひめ)、わし座のアルタイル(ひこぼし)について改めて学ぶのは、歴史や天文学だけでなく、民俗学や文化など今まで興味のなかった世界への第一歩になるかもしれません。

 

皆様の七夕の夜空への祈りが織姫、彦星へと届いていることを願って・・・

 


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 15 16 17 Next
初診の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受付システム
WEB予約受付QRコード
不妊症の検査を受けられる方へ
対外受精について
facebookページ
病院ブログ
プロモーションビデオ
エンブリオスコープ
スタッフ募集
お子様連れでのご来院について
自動問診票について
静岡新聞しずメディからインタビューを受けました

リンクプライバシーポリシー サイトマップ