遺伝カウンセリング外来

遺伝カウンセリング外来とは

遺伝に関わる悩みや不安を持たれている方を対象とする外来です。

高齢妊娠(40歳を過ぎている方)でおなかの子供に染色体異常がないか心配。
第一子に先天性の疾患があったから次の子が心配。
自分に先天的な疾患があったから子供が心配若くしてガンになった家族親族がいるので自分も心配出生前検査、出生前診断について詳しく知りたい。
染色体検査、染色体異常について詳しく知りたい。
など、遺伝についての不安に対して専門医が対応いたします。

不育症と遺伝カウンセリング外来

【対象となる方】
2回以上の流産の経験がある

内分泌検査、免疫学的検査、凝固系検査、子宮内腔形態検査

流産時の絨毛染色体検査で胎児由来の染色体異常が確認された場合、原因不明の
場合でも詳細な情報提供やご相談を望まれる場合、夫婦染色体検査を受けようと考えられている場合

遺伝カウンセリング外来となります

不育症とは

不育症とは、不妊症と異なり、妊娠はできるのに流産を繰り返してしまう状態のことを言います。
流産には大きく2種類あり
① 胎児・胎芽が異常をもっている場合
② 流産を起こす原因が胎児以外にある場合

①は妊娠途中で自然淘汰が起きてしまう為、不育症治療の適応にはなりません。
②は不育症の適切な治療を行う必要があります。

流産を経験すると誰しも次の妊娠に対して不安を持ちますが
実際には、(原因不明の不育症患者さんで)
2回流産を経験された方で無治療でも次回の妊娠が継続できる可能性が80%
3回流産を経験された方でも70%の確率で生児を得ています。

正確な情報を得ることは、これからの妊娠に向けて前向きになれるきっかけとなるはずです。
当院の遺伝カウンセリングでは、臨床遺伝専門医が流産・不育症に関する詳細・正確な情報・データをお示しいたします。

初診の流れ


看護師による問診(約30分)

診察 カウンセリング

看護師によるアフターカウンセリング(約15分)


担当医師
望月 修 医師
前聖隷三方原病院 生殖診療科部長
現セキールレディースクリニック 副院長
臨床遺伝専門医、生殖医療専門医、産婦人科専門医、産婦人科内視鏡学会技術認定医

診察日
毎月 第4土曜日(14:00~)
完全予約制

カウンセリング料金
当院に通院中の方
初診 6,000円(税別):40分
2回目以降 3,000円(税別):30分

当院に通院されていない方
初診 10,000円(税別):40分
2回目以降 5,000円(税別):30分