いながきレディースクリニック ブログ
HOME >> ブログ >> 2017年10月の記事
断捨離

朝晩がぐっと冷え込むようになり、冬の到来を感じる今日この頃ですが、皆さん体調は大丈夫ですか?

月日が経つのは早く、2017年もあと残り2ヶ月となりました。

今月衣替えをするにあたり、「断捨離」に挑戦してみました。私はもともと物が捨てられないタイプで、着れなくなった洋服も多数とっていたため、タンスや衣装ケースに入りきらなくなっていました。

今回、いま持っていて必要無いものは捨てるを心がけ、夏物・冬物合わせて整理してみました。まだ着れるかなという思いと、もう着ることはないだろうという思いが交錯し、なかなか捨てることに踏み切れず1日がかりとなってしまいましたが・・・。

途中から1年以上着ていない物はもう着ないと判断しようと考え整理を続けると、大きなビニール1袋以上の服を処分することになりました。

1日がかりで疲労はありましたが、整理できたことで見た目もすっきりし、どこに何が入っているかも把握しやすくなったことで、気持ちもすっきりし達成感を感じることができました。

他にも捨てられない物が部屋にたくさんあるため、2017年残り2ヶ月となった今、年末の大掃除に向けて断捨離に挑戦し続けてみたいと思います。


秋深きとなりは何をする人ぞ

超大型の台風一過です

被害に遭われた方々お見舞い申し上げます

静岡県直撃とニュースで流れていたので、それなりの対策の心構えだけは

していたのですが・・・・

おかげさまで、大きな被害がなく安堵しております

気候も乱高下で体調を崩しやす陽気です

まだ秋深きとまでは言い難いのですが、只今ヨーガ療法士のお勉強まっただ中で

中間試験が11月に控えてその論文作成中です

ストレスを課題としていますが、そもそもこの論文作りがストレスで。

まだまだ若輩者と自覚しながら、知らないことを知る喜びが大きくって

あ!そっかぁ。と、気づくことの大切さを今更ながら実感している今日この頃・・・

食欲の秋を封印して、秋深きとなりはヨーガに励む人ぞ。


法多山の厄除団子

皆さんこんにちは。院長の稲垣です。

 

本日ご紹介するスイーツはタイトルの通り、「法多山の厄除団子」です。

私の出身は静岡県磐田市です。

法多山は「はったさん」と読み、磐田市の隣、袋井市にあります。

お寺の正式名称は「法多山尊永寺」で、厄除団子はその参道を三分の一ほど進んだところで売られています。

 

このお団子は、地元周辺では大変有名で、以前からお寺の参道以外でも手に入れることができたり、お参りされた方からお土産として頂いたり差し上げたりと、割合によく口にできるものでした。

団子は小指三分の二ほどの円筒形で、根元からは同じくらいの長さの串が通されています。

それが5本ひと組になっていて、上にはこしあんが乗っかっています。

 

これが6組でひと箱、600円とかなりお値打ちです。

私の記憶ではかなり最近まで長らくひと箱500円で、安すぎると思っていました。600円でも十分にお買い得だと思います。

箱は12組入りで1200円のものもあるようです(オフィシャルサイトより)。

 

団子は一本ずつ食べるのは面倒で、2本と3本に分け、ふたくちで食べるのが私の好みです(笑)

団子もあんもさっぱりとしていて飽きがきません,合うのはやっぱり緑茶でしょうか。

 

きっと、参拝者の、長い参道を歩いた疲れをお茶とともにこの甘さが長きにわたって癒してきたのだろうと思います。

機会がありましたら皆さんもぜひ、味わってみてください。

 

閑話休題、先月より予約システムを刷新いたしました。

以前のものよりも多機能で、ネット予約や動画配信など、今後徐々に皆様の利便性向上に資するよう、活用してゆく予定です。

当初は段取りの違いなどでご不便おかけするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 


寒くなりましたがいかがお過ごしですか。

朝晩がだいぶ冷え込むようになってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか

先日、気温も下がってきたので、星空がきれいに見えるのではないかと思い車を走らせ、山の方へ行ってみました

裾野や御殿場には、とても素晴らしい自然が残っており、素敵な星空を眺めることが出来ました

当院のある沼津市は、沼津港などもありますが海の近くの町です

少し離れたところには、伊豆や御殿場、富士、箱根などきれいな自然がたくさんあります

当院での治療の中で、ストレスを抱えてしまう方も少なからずいらっしゃるかと思います

ストレスは、不妊治療の大敵であるホルモンの分泌異常も起こしうるものです

休日などに、きれいな景色を見て、ストレス解消につなげてみてはいかがでしょうか


来年の話

年明け1月28日(日)に第4回目の市民公開講座の開催が決定いたしましたのでお知らせさせて頂きます。

 

 

 第4回市民公開講座
~Let’s妊活~
テーマ 不妊と上手に付き合う方法

日時 平成30年1月28日
13:30~16:30
(受付13:00~)

場所 プラサ・ヴェルデ 401号室
静岡県沼津市大手町1-1-4
℡ 055-920-4100

定員 70名(事前申込制)

講師 東京HARTクリニック カウンセラー
日本生殖心理学会副理事長 平山 史郎 先生

参加費無料

主催 いながきレディースクリニック

お問い合わせ、ご質問等ございましたら
info@art-lic.jp までお問い合わせください。

・今抱えているストレスや悩み
・心配事を今よりもうまく処理していく方法
・治療に関する不安や緊張に対処するためのリラックス方法
・嫌な考えや感情を和らげる方法を身に着けるコツ
などのご講演を賜ります。
 
精神的な部分であまり追い込まれすぎないで、少しでも楽になっていただけることと思います。
今回のテーマは、幅広い方々にお役にたてる情報だと思います。
 
 

AMHをご存知ですか?

AMH検査とは(アンチミューラリアンホルモン・抗ミュラーホルモン)

 

卵巣に残された卵子の数の目安(卵巣予備能)を推測することができる検査です。

 

卵子の数は限られています。

女性は、生まれた時に卵子のモトをおおよそ200万個持っていて、それは増えることがありません。

排卵の時期までに10万個~30万個までに減っていて

1回の月経周期で1000個ほどの卵子が消失、吸収されてしまいます。

 

卵巣内にある卵子のモトから排卵に向けていくつかの卵子のモトが目覚め発育し始めます。

そのときに放出されるのがAMHです。

これによりAMHの値は卵巣に存在する卵子のモトの数が多いと高くなり少ないと低くなると考えられています。

 

注意点ですが

卵子のモトの数が多ければ妊娠しやすい、少ないと妊娠しにくいというわけではありません。

 

AMHの値が低い場合は、妊娠の可能性がある時期は限られていることを示しています。

ご自身の卵巣に残された卵子のモトの数の目安を知り、自分に合ったライフプランを選択することが大切です。

 

20~30代の方は1年に1回

40代の方は半年に一回の検査をお勧めします。

 

簡単な血液検査でAMH検査は測定でき

金額は8,000円(自費)となります。

詳しいご説明は看護師よりお伝えいたします

お気軽にご相談ください。


初めの一歩

こんにちは。今週はクラークが担当いたします。

秋分、秋のお彼岸も過ぎ、朝晩だけでなく昼間もだいぶ涼しく、過ごしやすい気候になってきました。近年は「暑さ寒さも彼岸まで」とは言いづらい気象が続いていたように思いますが、今年は季節の移り変わりを昔の人と同じように感じることが出来そうです。

 

話は変わりますが、私は先日、舞台を観に行ってまいりました。

以前から舞台やミュージカルなどに興味を持っていたのですが、なかなか1人で行く勇気が持てなかったり、都合が合わなかったりして観に行くことが叶いませんでした。

本当にようやく、観に行くことが出来たのですが、感想は( すごい!) の一言です。

もちろん細かく表現することもできますが、全て後付けのような気がします。

テレビや映画などの映像を通してでは伝わらない、役者さんたちの呼吸や声の出し方、客席までを表現の場にした身近に感じることのできる動き、照明や音響の効果。

舞台の世界にのまれ、終わってからもしばらくは放心状態で鳥肌を立てていました。

細かく表現できると言いましたが、私の語彙力、表現力では伝えきれないようです。

こんな世界を知らずにいたのかと今まで自分に言い訳をして行動に移さなかったことを後悔する程の衝撃を受けました。

 

今回、1人で東京まで舞台を観に行くことが出来たのは、今さらかもしれませんが自分にとって成長となり、世界を広げる大きな一歩となりました。

やるべきこと、やらなければならないことは、もちろんありますが、

今できること、今しかできないことも後回しにせず、時間を上手に使ってやらずに後悔することの無いように楽しみたいと思います。


初診の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受付システム
WEB予約受付QRコード
不妊症の検査を受けられる方へ
対外受精について
facebookページ
病院ブログ
プロモーションビデオ
エンブリオスコープ
スタッフ募集
お子様連れでのご来院について
自動問診票について
静岡新聞しずメディからインタビューを受けました

リンクプライバシーポリシー サイトマップ