いながきレディースクリニック ブログ
HOME >> ブログ >> 2017年6月の記事
あめ

こんにちは、培養です。

 

今週は梅雨らしく、蒸し暑くて過ごしにくい天気が続いています。

天気予報も変わりやすくて洗濯物をどのタイミングで干すか非常に悩みますね。

 

雨だと気分が落ち込みがちですが、そんなときは音楽を聴いて過ごしています。

暇つぶしにタイトルや歌詞に雨に関係する言葉が入る曲を集めて「あめのプレイリスト」をつくってみましたところ、あまり暗い曲がなくて、雨の日でも気持ちが明るくなるようなポップな曲が多いなという印象でした。

あくまでも私の音楽ファイルの中に限っては、ですが。

 

雨だから…と家に引きこもってないで、レインブーツを履いて雨ソングを聴きながら散歩するのも悪くないなと思いました。


梅シロップと梅酒・・・胚と卵子の凍結保存!?!?!?

今回は漬物ではありませんが、まずは梅シロップについて。

先日Twitterで拾ってきた梅シロップの作り方です。早くできますが、炊飯器が酸っぱくなりそうなので我が家では以下の方法で・・・・・

1. 梅と氷砂糖またはザラメ、三温糖を等量容器にいれる。

2. 醸造酢をすこしいれる。(なくても可)

3. 冷暗所に一月放置。実がひからびたようになればOK !

炭酸水などで割れば酸味が体に良いですよ。

 

実はこれ、卵子や胚の凍結原理と同じなんです。水は凍結すると体積が大きくなるので細胞が破壊されてしまう。いかに水分を抜くかがポイントなんです。

砂糖はシュークロースという分子量の大きい物質で浸透圧を上昇させ、梅の実の細胞までは浸透せず水分を引っ張り出します。だから実の中の種までカラカラ!

これを塩を使うと浸透圧は上昇するけど分子量が小さいから実の中まで浸透します・・・つまり梅干しです。細胞は変質してしまいます。

梅酒の実が柔らかいのは氷砂糖+焼酎。氷砂糖が浸透圧を上げエキスを絞り出し、代わりにアルコールと水は分子量が小さいから実の中に浸透します。

 

もう一つ・・・・

今の時期恒例の大きくなり過ぎたエシャレット=ラッキョウを醤油漬けにしました。

皮をむいて2~3日塩水に漬け(しょっぱくない程度の塩水)

その後 醤油  酒 味醂 そばつゆの濃縮液をすべて等量、 唐辛子に昆布、そして塩を加え漬けました。

男のやることですから、量はすべて目分量。

結構おいしくできました。早く漬けたければツユの味をみながら塩を多めに!

画像撮影時はほぼ食べつくしていました~

 

・・・・とまあ、小さな化学のお時間でした~(笑)


夏は水族館がおすすめです

先日、品川水族館に行ってきました。
これから、暑くなります。海の季節ですね~
実際の海ではなくても、水族館で、海を楽しめます。

海の生き物たちを見たあと、イルカのショーを楽しみました。
他の水族館と違う所は、イルカのショーが行われるプールが、会場の真ん中に丸く有って、客席ととても近く、客席前列は、濡れる事が前提な作りで、プールの水面と高さが近いです。
なので、客席の前列に座ってショーを見る方は、ほぼ確実にプールの水を浴びることになります。
ショーのパフォーマンスで、イルカや鯨が尾ひれなどで、客席に水しぶきを飛ばしてくれます。
100円でビニールポンチョが売っていて、それを着て、ショーを見ました。
ザバーンと水が飛んできて、頭からかぶった感じですが、ポンチョのお陰で濡れずに済みました。
イルカたちが生き生きとパフォーマンスをする姿は、とても可愛いし、水しぶきが飛んでくるのも、ドキドキして、とても楽しかったです。           


最近のマイブーム

こんにちは。今週はクラークが担当いたします。

6月に入り梅雨入りのニュースが気になる季節となりました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私は、現在8月に行われるランニングに向けて体を絞る日々が続いております。

と、言っても朝・昼はしっかり食べ夕食をサラダチキンに変えているだけです。

後は週に2回ジムに通い体力をつけています。

サラダチキンは、カロリーが少なくタンパク質が摂れ十分な食べ応えもある為夕食を

サラダチキンに置き換えてもストレスは溜まらず続けられています。

そのおかげで現在マイナス1.5キロの減量に成功しています。

梅雨が終われば夏本番です。夏は肌を見せることが多くなると思います。

健康的に体を絞るには私はサラダチキンをおすすめします。


初診の方へ 診察券のない初診の方は受付時間内に直接窓口までお越し下さい。
携帯電話及びPC専用自動受付システム
WEB予約受付QRコード
不妊症の検査を受けられる方へ
対外受精について
facebookページ
病院ブログ
プロモーションビデオ
エンブリオスコープ
スタッフ募集
お子様連れでのご来院について
自動問診票について
静岡新聞しずメディからインタビューを受けました

リンクプライバシーポリシー サイトマップ