【重要】風しんワクチンについて (現在当クリニックへ通院の方へ)

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

厚生労働省の発表の通り、風疹が流行しております。

 

風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、眼や心臓、耳等に障害をもつ(先天性風しん症候群)子どもが出生することがあります。
(妊娠1ヶ月でかかった場合50%以上、妊娠2ヶ月の場合は35%などとされています)。
妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、特に流行地域においては、抗体を持たない又は抗体価の低い妊婦は、風しんが発生している地域では、可能な限り不要不急の外出を避けていただき、
やむを得ず外出をする際には可能な限り人混みを避けていただくなど、風しんにかからないように注意してください。
また、妊婦の周りにいる人(妊婦の夫、子ども、その他の同居家族等)は、風しんに感染しないように予防に努めて下さい。

風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえます。
予防接種法に基づく定期の予防接種については、2回の接種をそれぞれ95%以上の人に受けていただくことを目標としていますが、医療・教育関係者や海外渡航を計画している成人も、
風しんのり患歴や予防接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。 (厚生労働省HPより抜粋)

 

以上の事から
風しんワクチンが需要が急増し、供給がストップ致しておりますが、MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)は確保致しております。
MRワクチンの効果は風疹ワクチンと同様の効果が期待されております。
風しんワクチンの再供給に関しては現在はっきりした日程はわかっておりません。

ワクチン供給の状況から原則として当院通院中の女性の方からの接種とさせて頂きます。
ご理解くださいますようお願い申し上げます。
男性の方は内科にご相談ください。

MRワクチンは、1万円となります。

静岡県沼津市宮前町12-11
いながきレディースクリニック